コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長皇子 ながのおうじ

1件 の用語解説(長皇子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長皇子 ながのおうじ

?-715 飛鳥(あすか)-奈良時代,天武天皇の第4皇子。
母は天智(てんじ)天皇の娘大江皇女。弓削(ゆげの)皇子の同母兄。栗栖(くりす)王,長田(ながた)王,智努(ちぬ)王,大市(おおいち)王,広瀬女王らの父である。和歌をよくし「万葉集」巻1・2に5首のせられている。和銅8年6月4日死去。長親王,那我親王とも。
【格言など】暮(よひ)に逢ひて朝(あした)面無み隠(なばり)にか日(け)長く妹が廬(いほり)せりけむ(「万葉集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長皇子の関連キーワード使用者責任奈良時代元明天皇元正天皇穂積皇子国郡里制霊亀女帝県内の無料化対象路線オートキャンプ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone