栗田定之丞(読み)くりた さだのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗田定之丞 くりた-さだのじょう

1768*-1827 江戸時代中期-後期の武士,植林家。
明和4年11月17日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。寛政9年砂留(すなどめ)役,林取立役となる。日本海からの飛砂になやまされていた海岸の防砂林造成にとりくみ,20年以上をかけて松を主体とする大防風林をそだてた。文政10年10月28日死去。61歳。本姓は高橋。名は如茂(ゆきしげ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

栗田定之丞 (くりたさだのじょう)

生年月日:1766年?11月17日
江戸時代後期の砂防植林功労者
1827年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android