栗駒温泉郷(読み)くりこまおんせんきょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「栗駒温泉郷」の解説

栗駒温泉郷
くりこまおんせんきょう

宮城県北西部、岩手・秋田県境にそびえる栗駒山の南側中腹に散在する温泉群。くりこま高原温泉郷、栗駒五湯ともいう。温湯(ぬるゆ)、湯ノ倉、湯浜(ゆばま)は一迫(いちはさま)川をさかのぼる登山道に沿い、駒ノ湯、新湯(しんゆ)は三迫(さんはさま)川をさかのぼる登山道に沿う。いずれも閑静な湯治場で、栗駒登山の基地ともなっている。一帯は栗駒国定公園に指定され、花山ダム、栗駒ダム、仙台藩花山村寒湯(ぬるゆ)番所跡、白糸滝などがある。

[長谷川典夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android