コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花山 はなやま

2件 の用語解説(花山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花山
はなやま

宮城県北西部,栗原市西部の旧村域。一迫川 (いちはさまがわ) の上流域,栗駒山 (1627m) の南斜面にある。北は秋田県に接する。 1889年発足。 2005年築館町,若柳町,栗駒町,高清水町,一迫町,瀬峰町,鶯沢町,金成町,志波姫町と合体して栗原市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花山
はなやま

宮城県北部、栗原(くりはら)郡にあった旧村名(花山村(むら))。現在は栗原市の西部を占める地域。2005年(平成17)築館(つきだて)、若柳(わかやなぎ)、栗駒(くりこま)、高清水(たかしみず)、一迫(いちはさま)、瀬峰(せみね)、鶯沢(うぐいすざわ)、金成(かんなり)、志波姫(しわひめ)の9町と合併して市制施行し、栗原市となった。秋田県に接し、国道398号が通じる。栗駒(くりこま)山の南麓(なんろく)、一迫川の上流域を占める典型的山村で、古来馬産地として知られたが、現在は林業のほか、米作、畜産などが行われ、ジネンジョ(自然薯)を特産する。江戸期には一迫川に沿って仙台藩領から秋田藩領へ通じる要路にあたり、温湯(ぬるゆ)には旅人を検問する番所が置かれた。かや葺(ぶ)き、伊達(だて)家の紋所のついた四脚門と役宅が残り、仙台藩の寒湯(ぬるゆ)番所跡として国の史跡に指定されている。栗駒山麓は栗駒国定公園域で、温湯、湯ノ倉(ゆのくら)、湯浜(ゆのはま)の温泉があり、登山者や湯治客を集める。1958年(昭和33)一迫総合開発事業の一環として花山ダムが完成した。青少年旅行村や国立花山青少年自然の家があり、過疎に悩む地域は観光を中心に大きく変貌(へんぼう)しようとしている。御嶽(みたけ)山のアズマシャクナゲ自生北限地帯は国指定天然記念物。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花山の関連キーワード宮城県栗原市一迫一迫〈町〉宮城県栗原市一迫岡田宮城県栗原市一迫沖宮城県栗原市一迫川口宮城県栗原市一迫川台宮城県栗原市一迫佐野宮城県栗原市一迫真坂宮城県栗原市一迫御崎花山〈村〉

花山の関連情報