コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一迫 いちはさま

2件 の用語解説(一迫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一迫
いちはさま

宮城県北部,栗原市南西部の旧町域。一迫川と長崎川の流域に広がる。 1923年町制。 1955年金田村,長崎村の2村および姫松村の一部と合体。 2005年築館町,若柳町,栗駒町,高清水町,瀬峰町,鶯沢町,金成町,志波姫町,花山村と合体して栗原市となった。中心地区の真坂は一迫川の谷口地区で,流域の商業の中心地。登米街道および羽後街道の交差点でもあり,仙台藩時代には交通の要地であった。主産業は米作を中心とした農業。一迫川と長崎川の合流点付近に山王囲遺跡 (国指定史跡) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一迫
いちはさま

宮城県北部、栗原(くりはら)郡にあった旧町名(一迫町(ちょう))。現在は栗原市の中南部を占める地域。旧一迫町は、1923年(大正12)町制施行。1955年(昭和30)金田村、長崎村、姫松村(一部)と合併。2005年(平成17)築館(つきだて)、若柳(わかやなぎ)、栗駒(くりこま)、高清水(たかしみず)、瀬峰(せみね)、鶯沢(うぐいすざわ)、金成(かんなり)、志波姫(しわひめ)の8町および花山(はなやま)村と合併して市制施行し、栗原市となった。一迫川とその支流長崎川流域に水田が広がる。国道398号、457号が通じる。室町時代末には大崎氏の支配下にあった。江戸時代末には伊達(だて)家の重臣白河、上遠野(かどおの)、遠藤の各氏が居住し、真坂(まさか)、川口には宿場が置かれていた。縄文晩期の山王囲(さんのうがこい)遺跡は国の史跡で、周辺は史跡公園として整備されている。鹿踊(ししおどり)は県指定の無形民俗文化財。[後藤雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一迫の関連情報