コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株主名簿管理人 かぶぬしめいぼかんりにん

株式公開用語辞典の解説

株主名簿管理人

株主名簿管理人とは、株式会社からの委託を受けて、株主名簿の作成及び備置き、その他の株主名簿に関する事務を、株式会社に代わって行う者のことである。平成18年5月1日に施行された新会社法によって新しく規定された用語であり、従来の商法における名義書換代理人に相当する。証券代行機関、株式事務代行機関などと称されることもあり、通常、信託銀行等がこれにあたっている。株主名簿管理人を置くには、その旨を定款に定める必要があるが、会社法施行時に名義書換代理人を置いていた場合は、これが株主名簿管理人に移行する(定款に株主名簿管理人を置く旨の定めがあるものとみなされる)。株式公開を目指すベンチャー企業は、直前期後半に契約する場合が多い。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

株主名簿管理人の関連キーワードだいこう証券ビジネス株券電子化登録株

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

株主名簿管理人の関連情報