株式会社商工組合中央金庫法(読み)カブシキガイシャショウコウクミアイチュウオウキンコホウ

デジタル大辞泉の解説

かぶしきがいしゃしょうこうくみあいちゅうおうきんこ‐ほう〔かぶシキグワイシヤシヤウコウくみあひチユウアウキンコハフ〕【株式会社商工組合中央金庫法】

商工組合中央金庫の株式会社化に伴い、旧商工組合中央金庫法を廃止して制定された法律。平成20年(2008)施行。政府が出資分を処分して完全民営化されるまでの移行期間における、同金庫の株主や業務等を規定する。当初は完全民営化の時期も示されていたが、その後の改正で政府の関与の有無も含めて今後の検討課題とされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android