コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商工組合中央金庫 しょうこうくみあいちゅうおうきんこThe Shoko Chukin Bank, Ltd.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商工組合中央金庫
しょうこうくみあいちゅうおうきんこ
The Shoko Chukin Bank, Ltd.

主として中小企業金融の円滑化をはかることを目的とする日本の金融機関。商工中金と略称される。1936年商工組合中央金庫法に基づいて,協同組織金融機関として設立。2008年10月,株式会社商工組合中央金庫法に基づき特殊会社となった。株主は,政府,中小企業団体およびその構成員。おもに所属団体またはその構成員に対する貸し付け,手形割引,内国為替業務および預金受け入れなどを行なうほか,資金源として商工債券を発行する。業務運営および役員の任免などに関しては,政府の監督を受ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうこうくみあい‐ちゅうおうきんこ〔シヤウコウくみあひチユウアウキンコ〕【商工組合中央金庫】

主として中小規模の事業者を構成員とする団体に対する金融の円滑を図るため、昭和11年(1936)商工組合中央金庫法に基づいて設立された、総合金融機能を持つ政府金融機関。政府と中小企業等協同組合協業組合商工組合などが出資。所属団体とその構成員などに対する貸し付け、手形割引、為替業務、商工債券の発行、国債窓口販売などを行う。平成20年(2008)10月の政府金融機関改革により、株式会社商工組合中央金庫に移行。商工中金。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

商工組合中央金庫【しょうこうくみあいちゅうおうきんこ】

商工中金と略称される。中小企業等協同組合商工組合輸出組合などをおもな出資者とし,所属組合とその構成員に対する融資,債務保証,内国・外国為替業務を行う政府系金融機関
→関連項目金庫(金融)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこうくみあいちゅうおうきんこ【商工組合中央金庫】

1936年11月,商工組合中央金庫法に基づき,中小企業等協同組合,商工組合,輸出組合など,中小企業によって組織された団体に対する金融の円滑化を目的として設立された特殊法人。略称の商工中金で呼ばれることも多い。債券(商工債券)の発行が認められており,これがおもな資金源となっている。ほかには組合からの預金,政府の出資金などがある。所属団体の互選により総代が選出され,総代による総代会が意思決定機関となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

商工組合中央金庫の関連キーワードマネタリーサーベイ(Monetary survey)商工組合中央金庫(株)政府系金融機関の改革政府系金融機関改革ちゅうきんだより金庫(金融機関)中小企業金融公庫臨時金利調整法行政改革推進法マネーストック国民金融公庫債券発行銀行金庫(金融)政府関係機関中小企業金融災害復旧貸付公私合同企業吉阪 俊蔵宝来 市松村瀬 直養

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商工組合中央金庫の関連情報