コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核多角体病 かくたかくたいびょうnuclear polyhedrosis

世界大百科事典 第2版の解説

かくたかくたいびょう【核多角体病 nuclear polyhedrosis】

昆虫のウイルス病群の一つで,カイコなど主に鱗翅目昆虫に発生する。病原ウイルスは長さ250~350nm,幅40~60nmの杆(かん)状粒子で,通常粒子は束になって共通の外膜に包まれている。核酸は複鎖DNAである。血球,気管皮膜,脂肪組織真皮など多くの組織を侵し,細胞核で増殖し,最終的に多角体といわれるタンパク性の封入体(直径2~4μm)を形成して多くのウイルスはその中に埋めこまれる。感染末期には組織が崩壊し,多角体が血液中に遊離する結果,血液は乳白色の膿汁状になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

核多角体病の関連キーワードカイコバキュロウイルス発現系バイオテクノロジー生物的防除膿病

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android