コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核時代 かくじだいnuclear age

知恵蔵の解説

核時代

1945年の、米国による対日原爆投下は、世界の心ある科学者や政治家、また被爆意識を共有する日本国民に、兵器の革命的変化と、主権国家時代の終焉(しゅうえん)とを痛感させた。さらに50年代半ば以降の水爆の実験によって、人類共滅の終末観が生み出された。本来、戦争の手段である兵器が、戦争の一切の政治目的を無意味にしてしまったという、戦争観の革命である。他方で核兵器を正当化するために、核抑止などの軍事戦略が案出されたが、米ソ核軍拡競争から核削減への転換には、結局軍事ではなく、冷戦終結という世界政治の構造変化が必要だった。他面、世界に重要な紛争の構造的な根がある限り、核拡散の危険は去らない。科学技術と産業の発達が人類を自殺に導く危険の根底には、近代文明そのものの問題性がある。このことは、原子力の「平和利用」という原発にもあてはまる。だからこそ核時代は、反核・反原発という空前の市民運動を世界各地に生み出すことにもなった。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

核時代の関連キーワードワイツゼッカー(Carl Friedrich von Weizsäcker)マーティン シャーウィンデービッド クリーガー部分的核実験禁止条約平和(peace)戦略兵器削減交渉ピエール ガロア国際戦略研究所ホット・ラインゴールディング高木 仁三郎大江健三郎ピシェット関野 英夫久住 忠男中ソ対立台湾問題サマビル局地戦争空中査察

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核時代の関連情報