コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格義仏教(読み)かくぎぶっきょう(英語表記)gé yì fó jiào

世界大百科事典 第2版の解説

かくぎぶっきょう【格義仏教 gé yì fó jiào】

中国における仏教受容の初期段階に,インド仏教原典に即して直接その原義を研究するのではなく,独自の文化基盤をもつ全く異種の言語体系に変換された漢訳仏典に全面的に依拠しつつ,思想類型の異なる中国古典との類比において仏教を理解しようとするものを格義仏教という。時代的には西晋末から東晋(317‐420)にかけて盛行し,老荘玄学が主流を占めた思想界の状況を反映して,老荘の〈無〉の思想によって般若経典の〈空〉の思想を解釈することが行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の格義仏教の言及

【中国哲学】より

…このように老荘を通じて理解しようとした結果,その仏教理解は老荘色の強いものとなった。これを格義仏教とよぶ。もちろん老荘と仏教との間には共通点もあるが,また本質的に異なった点も少なくない。…

※「格義仏教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android