コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桀王 けつおうJie-wang; Chieh-wang

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桀王
けつおう

中国古代、夏(か)王朝末代の王の名。ただ、名は履癸(りき)で、桀は別号ともいう。殷(いん)代末王の紂(ちゅう)と並んで、悪徳の王の代表として桀紂と称され、聖王の堯(ぎょう)、舜(しゅん)と対比される。『尚書(しょうしょ)』湯誓篇(とうせいへん)、『史記』殷本紀などの伝えるところによれば、桀の即位以前からすでに夏の徳は衰えていたが、桀のときには、諸侯は多くこれに背くに至った。桀は徳を修めず、諸民は苦しんだ。そのとき、人望のあった湯(とう)を捕らえたが、やがてこれを許し、その後諸侯はみな湯に帰した。湯はついに兵をあげて、桀を鳴条(めいじょう)(いまの河南省安邑(あんゆう)という)に敗走させたという。これより夏が滅亡して殷の世になったとされる。しかし、いまのところ夏王朝の実在は考古学的に確認されておらず、あくまで伝説上の事柄としておかなくてはならない。[松丸道雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android