コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケツ

5件 の用語解説(桀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けつ【桀】

古代中国、夏(か)王朝の最後の王。名は履癸(りき)。残虐で酒色を好み、暴政を行い、殷(いん)紂(ちゅう)王とともに悪王の代表とされる。殷の湯王に討伐された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

桀【けつ】

古代中国,王朝の最後の王(第17代)。暴悪の振舞い多く,前17世紀末ころ殷(いん)の湯王に討伐されたという。暴君の典型として殷の(ちゅう)王と併称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けつ【桀 Jié】

中国,夏王朝の末帝。帝履癸と号す。殷の紂(ちゆう)王とならんで中国上古の悪王の代表とされる。夏王朝は桀の曾祖父孔甲のころから諸侯に対する統制力を失っていたが,桀が即位するに及んで,亡国の勢いを決定的なものとした。宮殿を豪奢にし,美女たちを集め,淫靡な音楽を好み,酒池肉林の遊びをなしたなどとその悪行が伝えられる。その配下にあった湯王は,徳を修め諸侯を心服させて勢力を養っていた。やがて湯王は兵を起こして桀をうち,これを鳴条(めいじよう)の野(や)に破ると,新しく商(殷)王朝を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【夏】より

…その死後,子孫が位を継ぎ,最初の世襲王朝となった。第17代の履癸(桀王)は暴君で,諸侯が背き,殷の成湯大乙に滅ぼされた。殷の卜辞(甲骨文)のごとき文字史料が未発見で,その実在は未確認であるが,最近,河南省偃師県二里頭遺跡が発見され,その文化の性格をめぐり,夏の存在が強く主張されるにいたった。…

※「桀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桀の関連情報