コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯王 とうおうTang-wang; T`ang-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯王
とうおう
Tang-wang; T`ang-wang

中国,王朝初代の王。前 18世紀頃の人。『史記』によれば,始祖契 (せつ) から第 14世にあたる。甲骨文では唐または大乙などと呼ばれる。文献では天乙あるいは成湯という。亳 (はく) におり,伊尹を宰相とし,周囲の諸侯を合せ,ついにを倒して殷を開いたとされる。古文献は,多く明哲王としてその徳をたたえている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐おう〔タウワウ〕【湯王】

中国古代の殷(いん)王朝の創始者。成湯・武湯・武王ともよばれた。姓は子、名は履(り)といわれる。桀(けつ)王を討ち、殷を建国、亳(はく)に都した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

湯王【とうおう】

古代中国,殷(いん)の開祖。殷の系譜では大乙(または天乙)という。前17世紀末ころ王朝のを滅ぼして天子となり,亳(はく)(河南省偃師(えんし)県)に都したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうおう【湯王 Tāng wáng】

中国古代殷王朝の創設者。の始祖契(せつ)より14世目。武湯,武王,天乙,成湯ともいわれ,卜辞では唐(湯と同音),成,大乙と書く。亳(はく)(河南省偃師県)に都をおき,伊尹(いいん)などの賢臣を用い,異民族をも心服させ,その徳は禽獣にもおよんだという。夏の属国の韋(河南省滑県南東),昆吾(河南省許昌県東)などを滅ぼして疆域を拡大した。夏王のは暴政を行い,人心が離反したので,これを攻めて滅ぼし,殷王朝を創設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうおう【湯王】

中国、殷王朝の創始者。成湯ともいう。名臣、伊尹いいんらとともに夏の桀王けつおうを討って殷王朝を建国したという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯王
とうおう

生没年不詳。殷(いん)王朝創始の王。始祖、契(せつ)より数えて14世にあたるという。『史記』には成湯、天乙といい、『詩経』には武湯、湯、武王ともいうが、甲骨文では唐、大乙、高祖乙などとよばれている。湯は亳(はく)に都を移し、葛(かつ)、昆吾(こんご)、三(さんそう)を征し、ついに夏(か)を討って桀(けつ)を破り、天子の位についた、という。湯の都したという亳の所在については古来異説が多いが、1983年、河南省偃師(えんし)県西の尸郷溝(しきょうこう)に、殷代初期と推定される城壁が発見された。南北約1700メートル、東西約1200メートル、面積約190万平方メートルの都城址(とじょうし)で、『漢書』地理志の「尸郷、殷湯の都せしところ」など、古文献に多く「西亳」とする地がこれであろうと推測されるに至った。[松丸道雄]
『中国社会科学院考古研究所河南第二工作隊「偃師商城発掘簡報」(『考古』1984年第六期所収・科学出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の湯王の言及

【伊尹】より

…名は摯,阿衡あるいは保衡と号す。年70まで有莘氏の国で農耕に従事したが,有莘君の娘が殷の湯王の妃となると,料理番としてそれに従い,料理にたとえて湯王に政治を説き,宰相に任ぜられた。そののち湯王を助けて夏の桀王を討ち滅ぼし,殷王朝を開くのに力があった。…

【殷】より

…後の周の人びとが殷とよぶようになるが,その理由は明らかではない。
[歴史]
 殷王朝は,《史記》によると成湯天乙(いわゆる湯王,甲骨文では唐,大乙とよぶ)が,王朝の桀(けつ)王を倒して滅ぼし,創設したといわれる。夏王朝の存在は確認されないが,甲骨文の発見によって殷の存在は確認され,王系による逆算と,考古学的年代測定とにより,大乙による王朝の創立は前17世紀末もしくは前16世紀初と推定されるに至った。…

【桀】より

…宮殿を豪奢にし,美女たちを集め,淫靡な音楽を好み,酒池肉林の遊びをなしたなどとその悪行が伝えられる。その配下にあった湯王は,徳を修め諸侯を心服させて勢力を養っていた。やがて湯王は兵を起こして桀をうち,これを鳴条(めいじよう)の野(や)に破ると,新しく商(殷)王朝を開いた。…

※「湯王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報