コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂久武 かつら ひさたけ

2件 の用語解説(桂久武の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂久武 かつら-ひさたけ

1830-1877 幕末-明治時代の武士。
文政13年5月28日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。造士館掛などをへて家老加判役にすすむ。維新後は鹿児島藩権大参事などをつとめる。西南戦争では西郷軍の兵站(へいたん)部を担当し,明治10年9月24日城山で戦死した。48歳。本姓は島津。初名は歳貞。通称は小吉郎,右衛門,四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

桂久武

没年:明治10.9.24(1877)
生年:天保1.5.28(1830.7.18)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士。日置領主島津久風の5男,安政2(1855)年桂久徴の養子となる。詰衆,当番頭,造士館掛,久徴の家老罷免に伴い文久1(1861)年大島守衛方,元治1(1864)年大目付,家老加判役。慶応2(1866)年,上洛の木戸孝允を厚遇し薩長連合を承認。以来,西郷隆盛から厚い信頼を寄せられ,武力討幕論を支持。維新後の明治3(1870)年西郷と共に藩権大参事。翌年都城参事,同6年豊岡県権令の辞令を受けたが病を理由に辞す。同10年西南戦争では西郷軍のなかにあり,城山落城の日に流弾に当たり死去。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂久武の関連キーワード鹿児島伊作宗久市来四郎島津新八郎島津長丸島津登島津久容島津久静島津久通島津久元

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone