桂井在高(読み)かつらい ざいこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂井在高 かつらい-ざいこう

?-1765 江戸時代中期の医師,漢詩人。
大坂の人。寛政7年刊の「当世痴人伝」に葛井宗八の名で登場,酒豪で,歌舞伎役者中山文七の学問の師であることが記載されている。明和2年5月15日死去。通称は蒼八。号は酒人。著作に狂詩文集「古文鉄砲前後集」,戯文集「青楼叢書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android