桂秀馬(読み)かつら ひでま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂秀馬 かつら-ひでま

1861-1911 明治時代の外科医。
万延2年2月3日生まれ。スクリバの外科助手をへて,明治21年第一高等中学校教諭となる。翌年宮内省侍医に就任,侍医寮主事をかねた。明治44年11月6日死去。51歳。越後(えちご)(新潟県)出身。帝国大学卒。著作に「外科総論」「外科手術学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android