コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂芳久 かつら よしひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂芳久 かつら-よしひさ

1929-2005 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和4年3月4日生まれ。昭和28年第3次「三田文学」を復刊,編集担当として江藤淳らをそだてた。自身も三島由紀夫の推薦で「刺草(いらくさ)の蔭に」を「群像」に発表。44年から平成8年まで北里大教授。三田文学会理事。平成17年2月1日死去。75歳。広島県出身。慶大卒。著作に「海鳴りの遠くより」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂芳久の関連キーワード清水宏ラムサール条約斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎日本のラムサール条約登録湿地小津安二郎[各個指定]工芸技術部門内田吐夢

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone