コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺草/蕁麻(読み)イラクサ

デジタル大辞泉の解説

いら‐くさ【刺草/蕁麻】

イラクサ科の多年草。関東以西の山地に自生。高さ0.5~1メートル。茎と葉に毒液を含むとげがあり、触れると痛い。葉は卵円形で縁にぎざぎざがある。秋、葉のわきから穂を2本ずつ出し、その上方に淡緑色の雌花を、下方に緑白色の雄花をつける。茎から繊維をとり、若芽は食用。イラクサ科の植物は繊維組織がよく発達し、ウワバミソウミズナ)・カラムシなども含まれる。いたいたぐさ。おにあさ。

し‐そう〔‐サウ〕【刺草】

アザミ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

刺草 (イラクサ・イラグサ)

学名:Urtica thunbergiana
植物。イラクサ科の多年草,薬用植物

刺草 (シソウ)

植物。大・離留・続断などの多年草の総称。アザミの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android