刺草(読み)イラクサ

デジタル大辞泉「刺草」の解説

いら‐くさ【刺草/蕁麻】

イラクサ科の多年草。関東以西の山地自生。高さ0.5~1メートル。と葉に毒液を含むとげがあり、触れると痛い。葉は卵円形で縁にぎざぎざがある。秋、葉のわきから穂を2本ずつ出し、その上方淡緑色雌花を、下方に緑白色の雄花をつける。茎から繊維をとり、若芽食用イラクサ科の植物は繊維組織がよく発達し、ウワバミソウミズナ)・カラムシなども含まれる。いたいたぐさ。おにあさ。

し‐そう〔‐サウ〕【刺草】

アザミ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「刺草」の解説

刺草 (イラクサ・イラグサ)

学名Urtica thunbergiana
植物。イラクサ科の多年草,薬用植物

刺草 (シソウ)

植物。大・離留・続断などの多年草の総称。アザミの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android