コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺草/蕁麻 イラクサ

デジタル大辞泉の解説

いら‐くさ【刺草/蕁麻】

イラクサ科の多年草。関東以西の山地に自生。高さ0.5~1メートル。茎と葉に毒液を含むとげがあり、触れると痛い。葉は卵円形で縁にぎざぎざがある。秋、葉のわきから穂を2本ずつ出し、その上方に淡緑色の雌花を、下方に緑白色の雄花をつける。茎から繊維をとり、若芽は食用。イラクサ科の植物は繊維組織がよく発達し、ウワバミソウミズナ)・カラムシなども含まれる。いたいたぐさ。おにあさ。

し‐そう〔‐サウ〕【刺草】

アザミ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しそう【刺草】

アザミの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

刺草 (イラクサ・イラグサ)

学名:Urtica thunbergiana
植物。イラクサ科の多年草,薬用植物

刺草 (シソウ)

植物。大・離留・続断などの多年草の総称。アザミの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

刺草/蕁麻の関連キーワードホソバイラクサ桂芳久

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android