コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃井氏 もものいうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桃井氏
もものいうじ

清和源氏,足利氏の一族。足利義兼の子義胤が上野国桃井郡を領したことに始る。南北朝時代,直常 (ただつね) は足利氏に従い,伊賀,若狭,越中守護となったが,観応の擾乱 (1350~52) に尊氏の弟直義党として活躍,直義死後はその養子直冬にくみして尊氏と戦った。これより桃井氏の室町幕府内での地位は低くなった。 15世紀なかばには番衆にその名がみえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もものいうじ【桃井氏】

足利氏庶流の中世武家。足利義兼の子義胤が上野国群馬郡桃井郷に住し,桃井と号したのに始まる。孫の代で2流に分かれ,南北朝期に至って活躍。胤氏の1流から出た尚義は1333年(元弘3),新田義貞に属して鎌倉を陥落させた。一方頼直の流では直常が出て,越中桃井氏の基礎を築いた。直常は観応の擾乱(じようらん)期の幕府政治に大きな影響力をもち,終始足利直義党の最右翼として活動した。直義没後は衰退の途をたどったが,弟直信が67‐68年(正平22∥貞治6‐正平23∥応安1)に越中守護となるなど,なお余勢を保った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桃井氏
もものいうじ

足利(あしかが)一門の豪族。清和源氏(せいわげんじ)。足利義兼(よしかね)の子義胤(よしたね)が上野国(こうずけのくに)群馬(くるま)郡桃井郷(群馬県北群馬郡榛東(しんとう)村)を領したのに始まる。義胤の孫の胤氏(たねうじ)・頼直(よりなお)から2流に分かれ、胤氏の孫尚義(ひさよし)は新田義貞(にったよしさだ)の鎌倉攻めに加わり、桃井兵部大輔(ひょうぶのたいふ)(尚義の子盛義か)は足利尊氏(たかうじ)に属して一時能登(のと)守護となり、その子孫とみられる一族は幕府の御供衆(おともしゅう)、番頭(ばんとう)などを勤めた。一方、頼直の孫の直常(なおつね)は、初めは尊氏に属して越中(えっちゅう)守護などとなるが、観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)以来北陸を中心に抵抗を続け、一族とともに没落した。しかしその孫に直詮(なおあき)が出て幸若舞(こうわかまい)の創始者となったとする説がある。[小川 信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

桃井氏の関連キーワード桃井直常斯波義将能登国松倉城越中国郷義弘伊賀国小川

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android