足利頼氏(読み)あしかが よりうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利頼氏 あしかが-よりうじ

1240-1262 鎌倉時代の武将。
仁治(にんじ)元年生まれ。足利泰氏の子。母は北条時氏の娘。上総(かずさ),三河の守護。建長8年執権北条時頼の長男時利の烏帽子(えぼし)親をつとめ,翌年将軍御所の廂番(ひさしばん),格子番として将軍宗尊(むねたか)親王に近侍した。正元(しょうげん)元年京都大番役をつとめた。射芸に長じ流鏑馬(やぶさめ)の射手にもえらばれた。弘長(こうちょう)2年4月24日死去。23歳。初名は利氏。通称は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android