コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利頼氏 あしかが よりうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利頼氏 あしかが-よりうじ

1240-1262 鎌倉時代の武将。
仁治(にんじ)元年生まれ。足利泰氏の子。母は北条時氏の娘。上総(かずさ),三河の守護。建長8年執権北条時頼の長男時利の烏帽子(えぼし)親をつとめ,翌年将軍御所の廂番(ひさしばん),格子番として将軍宗尊(むねたか)親王に近侍した。正元(しょうげん)元年京都大番役をつとめた。射芸に長じ流鏑馬(やぶさめ)の射手にもえらばれた。弘長(こうちょう)2年4月24日死去。23歳。初名は利氏。通称は三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

足利頼氏の関連キーワード喜連川陣屋上杉重房足利家時喜連川藩上杉清子仁治

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android