桃林(読み)とうりん

大辞林 第三版の解説

とうりん【桃林】

モモの林。
〔書経 武成篇「放牛于桃林之野」〕 牛の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐りん タウ‥【桃林】

[1] 〘名〙
① 桃の林。ももばやし。
※性霊集‐七(835頃)為田少弐設先妣忌斎願文「伏惟。先妣田中氏。婦徳瓞茂桃林。母儀芬馥蘭菀
② (「書経‐武成」に「帰馬于華山之陽牛于桃林之野」とあるところから) 「うし(牛)」の異名。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
[2] 中国の函谷(かんこく)から潼関(どうかん)までの平野。周の武王が牛を放った地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桃林の関連情報