コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潼関 どうかん Tong-guan; T`ung-Kuan

6件 の用語解説(潼関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潼関
どうかん
Tong-guan; T`ung-Kuan

中国,陝西省東端の関所。黄河と渭 (い) 水の合流点にあり,地形はきわめて険阻で,中原 (河南方面) から関中 (陝西) に入る交通の要衝をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どうかん〔ドウクワン〕【潼関】

中国陝西(せんせい)省東端の県。河南・山西両省との境の、南流する黄河が華山に衝突して東に流れを変える地点にあり、古来、交通・軍事の要地で、漢代に関が置かれた。衝関。トンコワン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

潼関【どうかん】

中国,陝西省東部,河南・山西両省との省境の県。黄河と渭水の合流点付近に位置し,2世紀末ごろ関(潼関)が設けられてから,渭水盆地から中原へ入る要地となる。最近まで対岸の風陵渡とともに商業地として栄えたが,1960年三門峡ダムの完成により,町は南方10kmの地へ移転し,隴海(ろうかい)鉄路(連雲港〜蘭州)も同時に移動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どうかん【潼関 Tóng guān】

中国,陝西省東端の県。人口14万(1994)。南流した黄河が華山につき当たって東に向かう屈曲点に位置し,また西からは渭水が注いで天下の険をなし,古来中原地方から関中に入る最大の要地として有名である。春秋時代の晋の桃林のとりではこの地であり,後漢末には関所を設け,西方を流れる川の名をとって潼関とよばれた。1960年,三門峡ダムの完成で水没するため,市街は約10km南へ移され,隴海(ろうかい)鉄道(連雲港~蘭州)も南へつけ替えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうかん【潼関】

中国、陝西省東端の都市。南流する黄河が華山に突き当たり、東に流れを変える地点の南岸にある。洛陽から長安に通じる門戸で、後漢時代に関所が設けられた。トンコワン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潼関
とうかん / トンコワン

中国、陝西(せんせい)省東端の県。渭南(いなん)地区級市に所属し、河南、山西両省に接する。人口14万4577(2000)。南下してきた黄河が秦嶺(しんれい)山脈に当たり、西から流入する渭河(いが)を加えて90度方向を変えて東へ流れる地点にあり、関中と中原(ちゅうげん)を結ぶ交通を押さえる要衝であった。春秋時代には桃林塞(とうりんさい)とよばれ、東の函谷関(かんこくかん)と結んで関中の固めとなっていた。漢代に函谷関は洛陽(らくよう)の近くに移され、後漢(ごかん)末この位置に潼関が設置されたと考えられる。その後、関中が乱れたときには必争の地となり、唐代以後、潼津(とうしん)県、潼関衛、潼関庁などが置かれたが、1913年に県となった。古代の城塞(じょうさい)や、それに連なる潼関十二連城などの遺跡が残るほか、南西には秀峰華山(かざん)がそびえる。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潼関の関連キーワード嘉陵江陝西省青森漢中九州珠洲東かがわ巫山湖北[省]和歌山[県]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

潼関の関連情報