コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウ

デジタル大辞泉の解説

とう【桃】[漢字項目]

常用漢字] [音]トウ(タウ)(漢) [訓]もも
〈トウ〉木の名。モモ。「桃花桃李(とうり)白桃
〈もも〉「桃色山桃
[難読]胡桃(くるみ)桜桃(さくらんぼ)桃花鳥(とき)梅桃(ゆすらうめ)・山桜桃(ゆすらうめ)

もも【桃】

バラ科の落葉小高木。葉は細長くて先がとがり、縁に細かいぎざぎざがある。4月ごろ葉より早く、淡紅色のほか白や濃紅色の5弁花を開く。夏に球形の肉厚多汁の実がなり、食用。種子は漢方で桃仁といい薬用。中国の原産。日本では古くから果樹または花木として栽培され、品種が多い。 花=春 実=秋》「ゆるぎなく妻は肥りぬ―の下/波郷
桃色」の略。
ワタの実。球状で頂部のとがった桃の実形をし、熟すと裂開する。
襲(かさね)の色目の名。表は紅、裏は紅梅。また、表は白、裏は紅など諸説がある。3月ごろ用いた。
紋所の名。1の実または葉を図案化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もも【桃】

バラ科の落葉小高木。中国北部原産。果樹および花木として栽培。葉は披針形で互生する。春、淡紅・濃紅・白などの五弁または重弁花を開く。核果は球形で大きく、ビロード状の毛がある。果肉は柔らかく多汁で甘い。つぼみや種子を漢方で薬用とし、葉は浴湯料に、樹皮は染色に用いられる。 [季] 秋。 〔「桃の花」は [季] 春〕
「桃の節句」の略。
「桃割れ」の略。
[句項目] 桃栗三年柿八年

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

桃 (モモ)

学名:Prunus persica
植物。バラ科の落葉低木・小高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

桃[果樹類]
もも

北陸甲信越地方、山梨県の地域ブランド。
主に笛吹市山梨市甲州市で生産されている。バラ科。日本の桃栽培は1900(明治33)年に始められ、現在では山梨県がぶどうと並んで日本一の生産量として知られる。甲府盆地一帯は、冬の盆地特有の寒さ、夏の猛暑と寒暖差があり、更に日照時間も日本一長いことなどがフルーツ栽培に適しているという。甘い果汁に加え、食物繊維やミネラルが豊富なアルカリ性食品である。果肉が緻密で甘く多汁な白鳳、大玉果皮が鮮紅色の浅間白桃などが代表品種。そのほか、日川白鳳・加納岩白桃・長沢白桃(いずれも山梨県産)などがある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

桃の関連キーワード習慣性扁桃炎(習慣性アンギーナ)福沢桃介(ふくざわとうすけ)扁桃肥大(口蓋扁桃肥大)ハタンキョウ(巴旦杏)ワルダイエルの咽頭輪神奈川県三浦市白石町伊東 凌潮(6代目)ピーチブランデーピーチライナー桃栗三年柿八年日本テイスト口蓋扁桃肥大桃カステラアデノイドアーモンドアルピニア扁桃腺肥大三千年の桃ネクタリン慢性扁桃炎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桃の関連情報