コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐原真二 キリハラシンジ

デジタル大辞泉の解説

きりはら‐しんじ【桐原真二】

[1901~1945]野球選手・新聞記者。大阪の生まれ。大正13年(1924)慶大野球部の主将となり、遊撃手として活躍。早大の監督であった飛田穂洲(とびたすいしゅう)とともに中断されていた早慶戦の復活に尽力し、同14年の秋に実現させる。のち大阪毎日新聞社の記者を務めるが、フィリピンで戦病死

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐原真二 きりはら-しんじ

1901-1945 大正-昭和時代前期の野球選手。
明治34年8月22日生まれ。大阪北野中学で遊撃手として活躍し,慶大でも遊撃手。大正13年主将となり,飛田穂洲(とびた-すいしゅう)早大監督とともに,中断していた早慶戦を復活させる。のち大阪毎日新聞にはいり,経済部長をつとめた。昭和20年6月10日ルソン島で戦病死。45歳。59年野球殿堂入り。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桐原真二の関連キーワード内閣総理大臣[各個指定]芸能部門原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)シカゴ・ホワイトソックスボルティモア・オリオールズヨーロッパサッカーディープ・パープルドイツ問題

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android