コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹門造(初代) きりたけ もんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐竹門造(初代) きりたけ-もんぞう

?-? 江戸時代中期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
桐竹門三郎の門弟。明和2年(1765)の竹本座の番付から名がのる。寛政のころには立者となり,文化のはじめごろまで活躍。由良之助,おさん,お七などを当たり役とした。名は門蔵ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桐竹門造(初代)の関連キーワード桐竹門三郎人形浄瑠璃人形遣い

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android