コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹鳳凰文 きりたけほうおうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桐竹鳳凰文
きりたけほうおうもん

吉祥文の一種で桐と鳳凰を配した文様聖者の出現を告げるという霊鳥の鳳凰が梧桐にすみ,竹の実を食するという中国の故事によるもの。日本では平安時代以後用いられ,天皇の御服である黄櫨染 (こうろぜん) の (ほう) に麒麟文を組合せて表わしている。奈良,手向山神社蔵の『蒔絵瓶子』 (重文) はすぐれた遺例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

桐竹鳳凰文の関連キーワード模様

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android