桑の木豆

デジタル大辞泉プラスの解説

桑の木豆

岐阜県山県市の旧・美山町地域で栽培される豆類インゲンマメの仲間で、熟すと莢に赤いかすり模様が入る。当地はかつて養蚕が盛んで、桑の木につるを這わせてこのを栽培したところから、このような名がついた。乾燥保存しておき、莢ごとフライや煮豆おこわなどにして食する。県により「飛騨・美濃伝統野菜」に認証されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

桑の木豆[豆類]
くわのきまめ

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に山県市で生産されている。桑の木につるをはわせて育てるインゲン類の豆。完熟すると莢や豆に赤いかすり模様ができる。完熟莢は乾燥させて保存し、食べるときに水で戻して調理される。料理によっては、莢ごと食べる。イソフラボンポリフェノールが豊富に含まれている。収穫時期は10月下旬。飛騨・美濃伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android