桑の木豆

  • くわのきまめ
  • 豆類

デジタル大辞泉プラスの解説

岐阜県山県市▽の旧・美山町地域で栽培される類。インゲンマメの仲間で、熟すとに赤いかすり模様が入る。当地はかつて養蚕が盛んで、の木につるを這わせてこの豆を栽培したところから、このような名がついた。乾燥保存しておき、莢ごとフライや煮豆おこわなどにして食する。県により「飛騨・美濃伝統野菜」に認証されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に山県市で生産されている。桑の木につるをはわせて育てるインゲン類の豆。完熟すると莢や豆に赤いかすり模様ができる。完熟莢は乾燥させて保存し、食べるときに水で戻して調理される。料理によっては、莢ごと食べる。イソフラボンポリフェノールが豊富に含まれている。収穫時期は10月下旬。飛騨・美濃伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android