コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑の木豆

デジタル大辞泉プラスの解説

桑の木豆

岐阜県山県市で生産されるインゲン。同市美山の乾地区は古くから養蚕が盛んで、クワの株元にこのインゲンの種を蒔き、つるが桑に巻きつくようにして栽培したことからこの名称で呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

桑の木豆[豆類]
くわのきまめ

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に山県市で生産されている。桑の木につるをはわせて育てるインゲン類の。完熟すると莢や豆に赤いかすり模様ができる。完熟莢は乾燥させて保存し、食べるときに水で戻して調理される。料理によっては、莢ごと食べる。イソフラボンポリフェノールが豊富に含まれている。収穫時期は10月下旬。飛騨・美濃伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

桑の木豆の関連キーワード岐阜県山県市東海地方

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桑の木豆の関連情報