コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原聴雪 くわばら ちょうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑原聴雪 くわばら-ちょうせつ

1804-1889 幕末-明治時代の華道家。
文化元年生まれ。美濃(岐阜県)の人。松月堂古流雌雄軒双蛾(しゆうけん-そうが)の門人にまなび,明治4年一如庵百華(いちにょあん-ひゃっか)より五大坊(流儀の運営を総括する花務職の号)7代をつぐ。明治22年4月30日死去。86歳。名は高行。別号青霞境有翠,露休。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桑原聴雪の関連キーワード牧水軒 珊子得月庵過道牧水軒珊子大谷松吟斎明治時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android