桑田正三郎(読み)くわた しょうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑田正三郎 くわた-しょうざぶろう

1855-1932 明治-大正時代の写真家。
安政2年生まれ。地元京都の舎密(セイミ)局に出入りし,写真に興味をもつ。市田左右太(そうた)らにまなび,明治6年京都で写真館を開業。22年日本写真会創立会員。著書「月の鏡」は日本最初の写真家辞典である。昭和7年12月2日死去。78歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android