桑重 儀一(読み)クワシゲ ギイチ

20世紀日本人名事典の解説

桑重 儀一
クワシゲ ギイチ

大正・昭和期の洋画家



生年
明治16(1883)年1月4日

没年
昭和18(1943)年5月24日

出生地
山口県

学歴〔年〕
カリフォルニア大学卒

経歴
米国のカリフォルニア大学に留学したのを経てフランスに渡る。洋画家として立ち、大正9年帝展に「書見する人」を出品し入選。以後も同展を中心に旺盛な創作活動を続け、昭和6年には帝国美術院会員に選ばれた。その一方、太平洋美術学校で教鞭を執り、後進の指導・育成にも当たった。作品は他に、「画室に立てる女」「画室の閑暇」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android