桑重 儀一(読み)クワシゲ ギイチ

20世紀日本人名事典の解説

桑重 儀一
クワシゲ ギイチ

大正・昭和期の洋画家



生年
明治16(1883)年1月4日

没年
昭和18(1943)年5月24日

出生地
山口県

学歴〔年〕
カリフォルニア大学卒

経歴
米国のカリフォルニア大学に留学したのを経てフランスに渡る。洋画家として立ち、大正9年帝展に「書見する人」を出品し入選。以後も同展を中心に旺盛な創作活動を続け、昭和6年には帝国美術院会員に選ばれた。その一方、太平洋美術学校で教鞭を執り、後進の指導・育成にも当たった。作品は他に、「画室に立てる女」「画室の閑暇」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android