コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井政賢 さくらい まさかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井政賢 さくらい-まさかた

1813*-1898 江戸後期-明治時代の神職。
文化9年12月11日生まれ。伊勢神宮祠官。御巫清直(みかなぎ-きよなお)にまなぶ。和歌,俳諧(はいかい),謡曲をよくした。明治31年1月7日死去。87歳。伊勢(三重県)出身。本姓は下田。通称は栄司。号は其日亭,樗月。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜井政賢の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ペグマタイト内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフアドネドンケル=クルティウスフォーチュンドゥーフ鉄十字章

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android