コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御巫清直 みかなぎ きよなお

美術人名辞典の解説

御巫清直

国学者・神官。通称寿之助・権之亮・志津摩・尚書、名は光直、号は棒園。杉原光基長男、御巫清富養嗣子。伊勢度会郡生。光基について国学を学ぶ。本居春庭門、足利弘訓門。神官の典故に精通し、和歌・書を能くした。また絵画・雅楽・能楽等も究めた。伊勢外宮祠官・神宮権祢宜等を務めた。著書に『斎宮寮考証』等がある。明治25年(1894)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御巫清直 みかなぎ-きよなお

1812-1894 江戸後期-明治時代の神職,国学者。
文化9年2月15日生まれ。伊勢神宮外宮の神職故実の考証,神宮の旧儀復興につとめた。明治12年神宮教院一等教監となり,15年禰宜(ねぎ)。明治27年7月4日死去。83歳。伊勢(三重県)出身。本姓は杉原。通称は志津摩,権之亮,尚書。著作に「葬儀類証」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御巫清直
みかんなぎきよなお

[生]文化9(1812).2.15.
[没]1894.7.4.
江戸時代後期の国学者,神官。通称は志津摩,権之亮。のち尚書と改め,椙園 (すぎその) と号した。杉原光基の長男。 15歳で従祖父御巫清富の家を継ぎ,伊勢外宮の神職となった。父について国学を学び,絵画,書道,雅楽,能楽などをきわめ,神宮に関する典故の考証の学に貢献。伴信友,穂井田忠友らと文通,また大国隆正鈴木重胤矢野玄道らと交わった。著書『大神宮本記帰正鈔』 (6巻) ,『斎宮寮考証』など多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

御巫清直の関連キーワード明治時代神宮文庫落合直澄桜井政賢

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android