コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井氏福(読み)さくらい うじとみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井氏福 さくらい-うじとみ

?-1808 江戸時代中期-後期の公家。
桃園天皇につかえ,刑部権大輔(ぎょうぶのごんのたいふ)。竹内式部にまなび,徳大寺公城(きんむら)らと朝廷勢力の回復をはかる。宝暦事件ののち,明和3年山県大弐らが捕らえられた明和事件の際罪にとわれ,免官遠慮を命じられた。のち出家して徹水と称した。文化5年1月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android