コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳大寺公城 とくだいじ きんむら

1件 の用語解説(徳大寺公城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳大寺公城 とくだいじ-きんむら

1729-1782 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
享保(きょうほう)14年10月17日生まれ。徳大寺実憲の子。従二位,権(ごんの)大納言。堀南湖に儒学を,竹内式部垂加神道をまなぶ。宝暦8年幕府による式部逮捕(宝暦事件)に連座して永蟄居(えいちっきょ)となり,10年式部追放の際に出家,巒渓と称した。天明2年7月11日死去。54歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳大寺公城の関連キーワードフェイト竹俣当綱土肥経平松平宗衍茂木佐平治(3代)天明の飢饉石谷清昌ラーマ[1世]児童文学小松基地騒音公害訴訟

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone