コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜木町事故 さくらぎちょうじこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜木町事故
さくらぎちょうじこ

国電炎上による大量焼死事故。 1951年4月 24日午後1時 40分,京浜東北線赤羽発桜木町行き5両編成の電車が桜木町駅ホームに進入する直前,最前部パンタグラフの火花から出火,死者 105人,負傷者 60人を出した。大量の犠牲はこの国電が他の車両への往来不可能な 63型であったことから生じ,のちの国電車両改造を促すことになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

桜木町事故の関連キーワード加賀山之雄鉄道事故国電

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android