コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜木町事故 さくらぎちょうじこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜木町事故
さくらぎちょうじこ

国電炎上による大量焼死事故。 1951年4月 24日午後1時 40分,京浜東北線赤羽発桜木町行き5両編成の電車が桜木町駅ホームに進入する直前,最前部パンタグラフの火花から出火,死者 105人,負傷者 60人を出した。大量の犠牲はこの国電が他の車両への往来不可能な 63型であったことから生じ,のちの国電車両改造を促すことになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

桜木町事故の関連キーワード加賀山之雄鉄道事故国電

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android