コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国電 コクデン

3件 の用語解説(国電の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こく‐でん【国電】

日本国有鉄道の電車。大都市周辺の近距離電車をいった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こくでん【国電】

大都市圏などの人口集中地区において,大量輸送,高頻度,等時隔運転を前提として開発された国鉄の近距離専用電車を指し,東京の山手線電車,大阪環状線電車等がその代表例であった。東京,大阪の二大都市圏に集中的に車両が配属され,運転される線路も中・長距離列車とは分離され,国電の運転区間を特に国電区間,電車区間等と称していた。国電は鉄道院時代は院線電車,鉄道省時代には省線電車とも呼ばれた。国鉄の分割・民営化にあたり,国電に代わる名称としてJR東日本ではE電という呼名を採用したが,一般には普及していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくでん【国電】

旧国鉄のうち、大都市周辺の近距離電車線をいった語。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国電の関連情報