コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅園直雨 うめぞの ちょくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅園直雨 うめぞの-ちょくう

?-1848 江戸時代後期の和算家。
安芸(あき)広島藩の儒者。江戸で内田五観(いつみ)にまなぶ。天文暦数にくわしく,自宅に天文測量器具をそなえて,子弟におしえた。嘉永(かえい)元年8月24日死去。名は敏行。通称は立介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅園直雨の関連キーワード一八四八年の革命三月革命ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァーコンシデラン労働者友愛会

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone