コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅村翠山 うめむら すいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅村翠山 うめむら-すいざん

1839-1906 幕末-明治時代の印刷技術者,銅版画家。
天保(てんぽう)10年11月21日生まれ。江戸にでて木版彫刻師の3代木村嘉平にまなび,そのかたわら銅版腐食法も研究。明治4年神田弁慶橋に銅版彫刻の慶岸堂をひらき,官札製作にも従事。7年銀座に銅石版彫刻会社を創立した。明治39年6月18日死去。68歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。本姓は小川。通称は亥之吉。別号不識庵。作品に「江戸名所桜田之景色」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の梅村翠山の言及

【リトグラフ】より

…そこでは外人教師キヨソーネやポラードが石井鼎湖,青野桑洲,柳田竜雪らを指導した。民間でも梅村翠山(1839‐1906)の彫刻会社と松田緑山(1837‐1903)の玄々堂が,石版印刷の普及に大きな貢献をした。手形,切符,地図,レッテルなどの商業印刷を引き受けるとともに,玄々堂は画学生の養成もし,高橋由一,山本芳翠,五姓田義松らが門下を指導して,肖像画の注文に応えた。…

※「梅村翠山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅村翠山の関連キーワード木村徳太郎リトグラフ明治時代中川耕山天保

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android