コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅桃 ユスラ

デジタル大辞泉の解説

ゆすら【梅桃】

ゆすらうめ」に同じ。 実=夏 花=春》「万両に―の花の白き散る/子規

ゆすら‐うめ【梅桃/英桃/桜桃/山桃】

バラ科の落葉低木。高さ約3メートル。葉は互生し、倒卵形で先がとがり、縁にぎざぎざがある。4月ごろ、葉より早く、白または淡紅色の5弁花が開く。実は丸く、6月ごろ赤く熟し、食べられる。中国の原産で、庭などに植える。 実=夏 花=春》「くちすすぐ古き井筒の―/久女

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

梅桃 (ユスラウメ・ユスラ;ユスラムメ)

学名:Prunus tomentosa
植物。バラ科の落葉低木,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

梅桃の関連キーワードニワウメ(庭梅)丸山加代子あぐり

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android