コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万両 マンリョウ

デジタル大辞泉の解説

まん‐りょう〔‐リヤウ〕【万両】

ヤブコウジ科の常緑小低木。暖地の山林中に生え、高さ50センチ~1メートル。葉は長楕円形で厚く、縁に波状のぎざぎざがある。夏、白い小花を散房状につけ、実は球形で赤く熟し、翌年春まで木に残る。正月にセンリョウなどとともに飾る。 冬》「―や使ふことなき上厠/風生
[補説]書名別項。→万両

まんりょう【万両】[書名]

阿波野青畝の俳句集。昭和6年(1931)刊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

まんりょう【万両】

大阪の日本酒蔵元は「万両酒造」。現在は廃業。蔵は摂津市鳥飼本町にあった。

まんりょう【万両】

埼玉の日本酒。大吟醸酒本醸造酒、普通酒がある。平成1、2、14、17、18、20、22、24年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦美山錦アケボノなど。蔵元の「鈴木酒造」は明治4年(1871)創業。所在地はさいたま市岩槻区本町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

万両(まんりょう)

埼玉県、鈴木酒造株式会社の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

万両

古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。「お文さん」とも。東京では「お文」と題する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

まんりょう【万両】

一万両。多額の金。
ヤブコウジ科の常緑小低木。暖地の林中に自生。庭木・鉢植えなどにする。葉は質厚く長楕円形で波状の鋸歯きよしがある。夏、白色の小花が散状につく。晩秋、液果が赤く熟し、翌春まで木についている。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

万両 (マンリョウ)

学名:Ardisia crenata
植物。ヤブコウジ科の常緑小低木,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

万両の関連キーワードアブドゥル・ラフマーン(奥都剌合蛮)伊勢屋四郎左衛門(3代)丹下左膳余話百万両の壺豊臣秀吉の埋蔵金伝説松木新左衛門(5代)絶景かな絶景かな弁別む・分別む馬喰町御用屋敷斎藤善次右衛門波奈多知婆奈小間物屋政談波奈多知波奈沢村 国太郎七分金積立猿屋町会所江戸町会所池田光政妻南部 利恭お由羅騒動多田銀銅山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万両の関連情報