コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウメ

デジタル大辞泉の解説

うめ【梅】

《「梅」の字音「メ」から変化したものという。平安時代以降「むめ」と表記されることが多い》
バラ科の落葉高木。葉は卵形で縁に細かいぎざぎざがある。早春、葉より先に、白・淡紅・紅色などの香りの強い花を開く。実は球形で、6月ごろ黄熟し、酸味がある。未熟なものは漢方で烏梅(うばい)といい薬用に、また梅干し梅酒などに用いる。中国の原産で、古くから庭木などにし、品種は300以上もあり、野梅(やばい)系・紅梅系・豊後(ぶんご)系などに分けられる。松や竹とともにめでたい植物とされ、花兄(かけい)・風待ち草・風見草・好文木(こうぶんぼく)・春告げ草・匂い草などの別名がある。 春》「二もとの―に遅速を愛すかな/蕪村
梅の実。実梅。 夏》
襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は蘇芳(すおう)。うらうめ。
紋所の名。梅の花・裏梅・向こう梅など。

ばい【梅】[漢字項目]

[音]バイ(漢) [訓]うめ
学習漢字]4年
〈バイ〉
木の名。ウメ。「梅園梅花寒梅観梅紅梅探梅落梅老梅松竹梅
ウメの実の熟する時期。また、そのころの雨。つゆ。「梅雨梅霖(ばいりん)入梅
性病の一。楊梅瘡(ようばいそう)の略。「梅毒駆梅検梅
〈うめ〉「梅酒(うめしゅ)梅見青梅小梅庭梅
[補説]「楳」は異体字。
[難読]塩梅(あんばい)梅雨(つゆ)楊梅(やまもも)梅桃(ゆすらうめ)

むめ【梅】

うめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うめ【梅】

〔「梅」の字音「メ」に基づいてできた語〕
バラ科の落葉高木。中国原産。古く日本に入り、観賞用庭木として珍重されている。葉は卵形で先がとがり、鋸歯がある。花は早春、葉に先立って開き、白色・淡紅色の五弁または重弁で芳香がある。果実は球形の核果で酸味が強く、梅干しや梅酒とする。未熟時に生食すると中毒することがある。 [季] 春。 《 二もとの-に遅速を愛すかな /蕪村 》
の果実。
家紋の一。の花を図案化したもの。
梅襲うめがさね 」に同じ。 〔中古以降「むめ」と表記されることが多い〕

うめ【梅】

姓氏の一。

むめ【梅】

うめ(梅) 」に同じ。 [季] 春。 《 -一輪一りんほどのあたゝかさ /嵐雪 》 「あやしき家の見所もなき-の木などには/枕草子 41

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

梅 (ウメ・ムメ)

学名:Prunus mume
植物。バラ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

梅の関連キーワード梅は食うとも核食うな、中に天神寝てござる和歌山県日高郡みなべ町晩稲美味淡麗 白加賀梅酒チョーヤ梅酒 紀州梅肉エキスの日スッパイマン梅染め・梅染メイホーコウ梅干しの実小野寺梅丘梅肉仕立て狩野師信雪中四友石川1号梅肉和え岡田梅間梅花の油梅しぐれ高瀬梅盛梅ジャム

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅の関連情報