コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅田しん うめだ しん

1件 の用語解説(梅田しんの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅田しん うめだ-しん

1827-1855 幕末,梅田雲浜(うんぴん)の妻。
文政10年生まれ。上原立斎の娘。18歳のとき結婚。夫の尊攘(そんじょう)活動をささえる。赤貧のなかで2児をのこして安政2年3月2日病死した。29歳。雲浜はその貧困のありさまを詩で「妻は病床に臥し,児は飢えに泣く」とよんだ。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は上原。名は信子ともいう。
【格言など】樵りおきし軒のつま木も焚きはてゝ拾ふ木の葉のつもる間ぞなき(赤貧のなかでよんだ歌)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

梅田しんの関連キーワード梅田雲浜乾十郎上原立斎梅田千代佐古高郷西川耕蔵野崎主計花房厳雄平島武次郎深瀬繁理