コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅田しん うめだ しん

1件 の用語解説(梅田しんの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅田しん うめだ-しん

1827-1855 幕末,梅田雲浜(うんぴん)の妻。
文政10年生まれ。上原立斎の娘。18歳のとき結婚。夫の尊攘(そんじょう)活動をささえる。赤貧のなかで2児をのこして安政2年3月2日病死した。29歳。雲浜はその貧困のありさまを詩で「妻は病床に臥し,児は飢えに泣く」とよんだ。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は上原。名は信子ともいう。
【格言など】樵りおきし軒のつま木も焚きはてゝ拾ふ木の葉のつもる間ぞなき(赤貧のなかでよんだ歌)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅田しんの関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング木内喜八、半古、省古飯田新七(2代)小栗忠順清元延寿太夫(2代)藤田東湖

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone