コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅田杢之丞 うめだ もくのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅田杢之丞 うめだ-もくのじょう

1626-1694 江戸時代前期の槍術(そうじゅつ)家。
寛永3年生まれ。樫原(かしわら)流の長鉤槍(かぎやり)をまなび,のち本心鏡智流をおこす。寛文のころから江戸を中心に流派がひろまった。元禄(げんろく)7年8月23日死去。69歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は治忠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅田杢之丞
うめだもくのじょう
(1626―1694)

近世の槍術(そうじゅつ)、本心鏡智(ほんしんきょうち)流(鍵槍(かぎやり))の祖。名は治忠(はるただ)。父は甲賀組与力(よりき)六郎大夫治重(はるしげ)。幼少から父について家伝の槍を学び、のち木川友之助正信の門に入り、樫原(かしわら)流の長鍵槍を修め、さらに創意工夫を加えて本心鏡智流を称した。元禄(げんろく)7年8月没、69歳。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

梅田杢之丞の関連キーワード神波理助東梅竜軒梅田治忠

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android