梅谷渋(読み)ウメヤシブ

  • 梅▽谷渋

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 紅梅の根を切り、濃く煎(せん)じ出した染め汁。狩衣(かりぎぬ)、直垂(ひたたれ)などを染めることもあった。その地を木蘭地(もくらんじ)という。色は黄を帯びた赤(随・安斎随筆(1783頃))。
※俳諧・西鶴大句数(1677)五「数の袋はむめや渋そめ 石灰の煙をたつる鉢ひらき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android