コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅迺本耆山 うめのもと きざん

1件 の用語解説(梅迺本耆山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅迺本耆山 うめのもと-きざん

1840-1914 幕末-大正時代の俳人。
天保(てんぽう)11年生まれ。駿河(するが)(静岡県)沼津の人。関為山の門人。明治7年7代夜半亭をつぎ,のち師の号をついで2代梅迺本となる。印刻を生業とし,竹堂と号した。大正3年7月24日死去。75歳。姓は津田。名は重胤。別号に宋路,夢外など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅迺本耆山の関連キーワードアヘン戦争イタリア映画ロッキード事件アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流おとよ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone