コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅迺本耆山 うめのもと きざん

1件 の用語解説(梅迺本耆山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅迺本耆山 うめのもと-きざん

1840-1914 幕末-大正時代の俳人。
天保(てんぽう)11年生まれ。駿河(するが)(静岡県)沼津の人。関為山の門人。明治7年7代夜半亭をつぎ,のち師の号をついで2代梅迺本となる。印刻を生業とし,竹堂と号した。大正3年7月24日死去。75歳。姓は津田。名は重胤。別号に宋路,夢外など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

梅迺本耆山の関連キーワード浦香雨相羽仙夫赤井陶然(4代)安藤橡面坊佐々木北涯土井幹夫服部耕雨松村鬼史村越向栄柳下孤村

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone