コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梵我一如 ボンガイチニョ

百科事典マイペディアの解説

梵我一如【ぼんがいちにょ】

自然的世界の根本原理であるブラフマン(梵)と,人格的な自我の原理であるアートマン(我)との本体が同一無差別であるという思想。インド哲学の中で,特にウパニシャッドに基づく正統バラモン教の中心思想である。
→関連項目バラモン教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼんがいちにょ【梵我一如】

〘仏〙 宇宙の根本原理であるブラフマン(梵)と個人の本体であるアートマン(我)とが同一不二であること。インドの正統バラモン教思想の根本原理。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の梵我一如の言及

【アートマン】より

…この結果到達された諸原理のうち,最も重要なものはブラフマンとアートマンである。ウパニシャッドの哲人たちは,個人の本体であるアートマンと宇宙の根本原理であるブラフマン(梵)とは同一である,すなわち〈梵我一如〉であると説いた。ウパニシャッド以来,アートマンの問題はインド哲学の主要な問題の一つとされ,インド哲学史には,アートマンの存在を認める流れと認めない流れとの二大思潮がある。…

【インド哲学】より

…この傾向は他の3ベーダ・サンヒター(本集),ブラーフマナ(祭儀書),アーラニヤカĀraṇyaka(森林書)に受け継がれるが,ウパニシャッドにおいて頂点に達する。ウパニシャッドは宇宙の根本原理としてブラフマン(梵)を想定し,個人の本体をアートマン(我)に求めて,この両者は本質的に同一(梵我一如)であるとした。またウパニシャッドで明確な形をとった業(ごう),輪廻,およびそれからの解脱の思想は後代のインド思想全体の本質を規定している。…

【ウパニシャッド】より

…ウパニシャッドは主として対話・問答形式で書かれているが,〈古ウパニシャッド〉に限っても数百年の期間をかけて,多数の思想家の手を経て作成されたものであるから,内容的には種々雑多の思想を含み,相互に矛盾する説が収められていることも少なくない。その中で,特にウパニシャッドの中心思想と目され,かつ後世に最も大きな影響を与えたのは,〈梵我一如(ぼんがいちによ)〉の思想である。これは,宇宙の本体としての〈ブラフマン(梵)〉,および人間存在の本質としての〈アートマン(我)〉とをそれぞれ最高の実在として定立したうえで,この両者が本質的には同一であって,その同一性を悟ることによって解脱が得られると説くもので,《リグ・ベーダ》末期以来徐々に発展しつつあった一元論的傾向が,いちおうの頂点に達したものと考えられる。…

【神秘主義】より

…真我を探究したヤージュニャバルキヤの〈非ず,非ずのアートマンneti neti ātman〉という句は,アートマンの至上性,非限定性をあらわすとともに,いっさいの相や形を離れ超えてゆく内観の道を示している。2人に代表されるような立場は,〈梵我一如〉すなわち,世界万有を根本から統一する原理であるブラフマンが個我の内面的本質であるアートマンと別でないという自覚として長くインド精神史を貫いている。ウパニシャッド(2)仏教 仏教がとったさまざまな歴史的形態の内でもっとも典型的に神秘的合一の立場を示しているのは密教である。…

【ブラフマン】より

…しかし一般に,元来はベーダの祈禱の文句ならびにその神秘力を意味し,祭式万能主義の傾向が強まるとともに,神々をも支配する力とみなされ,ブラーフマナの時代にはついに宇宙の根本原理,絶対者の一呼称となったと考えられている。ウパニシャッドの哲人たちは,個人の本体であるアートマン(我)はこのブラフマンと同一である(梵我一如)と説いた。インド哲学の主流を成すベーダーンタ学派は,このブラフマンの考究を主要任務とするものとして成立した。…

※「梵我一如」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梵我一如の関連キーワードブリハッドアーラニヤカ・ウパニシャッドショーペンハウアーインド哲学/用語不二一元論派ベーダ文学不一不異説シャンカラ神秘主義汎神論

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android