コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梵燈庵主 ぼんとうあんしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梵燈庵主
ぼんとうあんしゅ

[生]貞和5(1349)
[没]?
南北朝時代~室町時代連歌作者。俗名,朝山小次郎師綱。足利義満に仕え,和歌を冷泉為秀に,連歌を二条良基に学んだ。明徳3 (1392) 年頃出家,関東,東北をさまよい,九州にも下っている。応永 14 (1407) ~15年頃には帰京して,連歌会にも出席し,同 24年に生存。衰退期にあった連歌界の中心人物で,宗砌 (そうぜい) の師。著書は良基の教えを記した『長短抄』 (1390) や,『梵燈庵袖下集』 (84) ,『梵燈庵主返答書』 (1417) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

梵燈庵主の関連キーワード梵灯庵袖下集南北朝時代

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android