コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷泉為秀 れいぜい ためひで

美術人名辞典の解説

冷泉為秀

南北朝時代の公卿・歌人。冷泉家の祖為相の子。道号は松峰。法名は秀宅。従二位権中納言に至る。寄人として『風雅集』の編集を補佐し、『年中行事歌合』や『新玉津島社歌合』の判者を務めるなど歌壇の中心となる。また室町幕府将軍足利義詮の歌道師範となり、門弟には足利基氏今川了俊佐々木高秀等の有力武士がいた。『風雅集』以下の勅撰集にその歌を収める。応安5年(1372)歿、70余才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冷泉為秀 れいぜい-ためひで

?-1372 南北朝時代の公卿(くぎょう),歌人。
冷泉為相(ためすけ)の次男。延文3=正平(しょうへい)13年従三位。のち権(ごんの)中納言となり従二位にいたる。将軍足利義詮(よしあきら)の歌道師範をつとめ,公家のほか今川了俊ら有力武家を門人とした。「風雅和歌集」などに歌がある。応安5=建徳3年6月11日死去。道号は松峰。法名は秀宅。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

冷泉為秀

没年:応安5/文中1.6.11(1372.7.12)
生年:生年不詳
南北朝時代の歌人。享年は70歳余りか。冷泉為相の次男で,冷泉家の2代目。京極派優勢時には花園院に近侍し,寄人として『風雅和歌集』(1349年頃)の編集を補佐した。晩年には室町幕府将軍足利義詮 や二条良基の信任を獲得し,『年中行事歌合』(1366)や『新玉津島社歌合』(1367)の判者となるなど,歌壇の中心人物となった。また,義詮のほか,門弟には足利基氏,京極(佐々木)高秀,今川貞世(了俊)など有力武士も少なくなく,彼らに数多くの貴重な歌書を書写し伝えた。その教えは自由で柔軟なものであったといわれている。<参考文献>井上宗雄『中世歌壇史の研究』

(渡部泰明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

冷泉為秀の関連キーワード梵灯庵・梵燈庵梵燈庵主井上宗雄徹書記慶運

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android