コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利基氏 あしかがもとうじ

8件 の用語解説(足利基氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利基氏
あしかがもとうじ

[生]興国1=暦応3(1340)
[没]正平22=貞治6(1367).4.26. 鎌倉
南北朝時代の武将。初代鎌倉公方 (1349~67) 。尊氏の3男 (『尊卑分脈』では次男) で,通称は鎌倉三郎。母は北条 (赤橋) 登子。室町幕府創設以来,鎌倉には尊氏の子義詮がいて,関東の経営にあたっていたが,尊氏とその弟直義との抗争が起ったため,正平4=貞和5 (1349) 年,尊氏の命令で義詮は京都に上り,代って基氏が鎌倉に下された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしかが‐もとうじ〔‐もとうぢ〕【足利基氏】

[1340~1367]南北朝時代の武将。尊氏の子。初代の鎌倉公方(くぼう)となり、東国に室町幕府の勢力を確立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

足利基氏【あしかがもとうじ】

南北朝時代の武将。初代鎌倉公方。父尊氏の関東重視政策により,兄義詮(よしあきら)に代わって1349年鎌倉府の主(鎌倉公方)となった。畠山国清(くにきよ)や上杉憲顕(のりあき)らを執事とし,南朝方の新田義興を謀殺するなど関東を平定し,京都の将軍義詮を助けて19年間在職,室町幕府の関東での基礎を築いた。
→関連項目関東管領公方高師冬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利基氏 あしかが-もとうじ

1340-1367 南北朝時代の武将。
暦応(りゃくおう)3=興国元年生まれ。足利尊氏の子。足利直義(ただよし)の養子。母は北条登子(とうし)。貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年10歳で初代鎌倉公方(くぼう)となり,延文3=正平13年南朝方の新田義興(よしおき)をやぶる。専横をきわめた執事畠山国清を追放して上杉憲顕(のりあき)を関東管領(かんれい)に復帰させ,関東10ヵ国における鎌倉府支配体制の基礎をかためた。貞治(じょうじ)6=正平22年4月26日死去。28歳。幼名は亀若丸。通称は瑞泉寺殿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利基氏

没年:貞治6/正平22.4.26(1367.5.25)
生年:暦応3/興国1(1340)
南北朝時代の武将。鎌倉公方。足利尊氏と赤橋登子の子,義詮 の弟。左馬頭,左兵衛督。貞和5/正平4(1349)年に10歳で鎌倉に赴き公方となる。父尊氏は,観応の擾乱を経て,文和1/正平7年鎌倉に在駐し翌年京に戻ったが,基氏は武蔵入間川に布陣して反対勢力の一掃に努めた。その後鎌倉に帰り,康安1/正平16年には執事の畠山国清を追放して自ら政権を掌握,貞治2/正平18年上杉憲顕を関東管領に任命して,上杉氏の支持のもとで関東を支配する体制をつくり上げた。貞治6/正平22年に28歳の若さで病死するが,鎌倉府の関東支配の基礎は基氏の代に築かれたといえよう。義堂周信らと交わって禅に通じ,笙をよくする文化人でもあった。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがもとうじ【足利基氏】

1340‐67(興国1∥暦応3‐正平22∥貞治6)
南北朝時代の武将。足利尊氏の子。1349年(正平4∥貞和5)兄義詮に代わって鎌倉の主となり,初代の鎌倉公方(くぼう)となる。養父直義の政治的影響を強く受ける。52年(正平7∥文和1)鎌倉で元服。翌年以降武蔵入間川に在陣し,その間に関東における南朝勢力の中心たる新田義興を多摩川矢口ノ渡しで謀殺した。また61年(正平16∥康安1)専横を極めた関東管領畠山国清を伊豆に追放し,その後信望のあつい上杉憲顕を再び関東管領に迎え入れて鎌倉府体制の基礎を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あしかがもとうじ【足利基氏】

1340~1367) 南北朝時代の武将。尊氏たかうじの子。1349年、関東に入り、初代の鎌倉公方となる。以後、その子孫が鎌倉公方を継承。上杉憲顕のりあき1306~1368)を関東管領として補佐させ、室町幕府の関東経営の基礎を固めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利基氏
あしかがもとうじ
(1340―1367)

南北朝時代の武将。鎌倉公方(くぼう)初代。尊氏(たかうじ)の子。1349年(正平4・貞和5)足利義詮(よしあきら)にかわって鎌倉府の主となる。翌1350年尊氏と直義(ただよし)との間に観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)が起こると、直義方の上杉憲顕(のりあき)に担がれて関東各地を転戦する。尊氏が直義を鎌倉で毒殺したあとは父尊氏に属し、直義方や南朝勢力と対峙(たいじ)し、新田義興(にったよしおき)を滅ぼすなどして東国武士の多くを結集した。さらに東国武士の信頼を失った執事畠山国清(はたけやまくにきよ)を追放し、尊氏と対立して越後(えちご)(新潟県)に逃れていた上杉憲顕を関東管領(かんれい)として迎え、憲顕の就任に反対する宇都宮氏綱(うつのみやうじつな)らを討ち、東国における鎌倉府支配の基礎を築いた。1367年4月26日、28歳で没した。[伊藤喜良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の足利基氏の言及

【鎌倉公方】より

…室町幕府による東国支配のために鎌倉に置かれた政庁である鎌倉府の長官。関東公方(くぼう)ともいう。足利氏の東国支配は,1333年(元弘3)12月建武政権下で足利直義が〈関東十ヵ国〉(相模,武蔵,上野,下野,上総,下総,安房,常陸,伊豆,甲斐)の支配をゆだねられ後醍醐天皇の皇子成良親王を奉じて鎌倉に入ったことにはじまる(鎌倉将軍府)。足利尊氏は,36年(延元1∥建武3)11月京都に幕府を開いたが,その嫡子義詮を鎌倉にとどめ,これを〈鎌倉御所(鎌倉公方)〉とし,そのもとに関東管領を配置して東国の政治一般にあたらせた。…

【下野国】より

…宇都宮氏綱は芳賀禅可(はがぜんか)(高名)とともに尊氏方に属して翌51年駿州薩埵山の戦で活躍し,賞として上野,越後の守護職に補任され,芳賀高名の子高家・高貞が越後守護代となった。ところが63年(正平18∥貞治2)鎌倉公方足利基氏の力添えで上杉憲顕が関東管領・越後守護に復帰し,氏綱は武力で阻止しようとして敗れ,68年(正平23∥応安1)武蔵の平一揆(川越,江戸,豊島氏等)と結んで再度兵を挙げた。基氏は氏綱討伐の軍を派遣して宇都宮城を攻落した。…

※「足利基氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足利基氏の関連キーワード赤松朝範秋月種道伊賀兼長宇都宮泰藤佐竹義宣(1)田原直貞長井貞頼長沼秀行南部政行松浦定

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足利基氏の関連情報